この子を受けとめて、育むために〜実践編〜
子どもとおとなが紡ぎあう7つの物語
児童養護施設の関係者はもちろん、
広く一般の方々もぜひ本書をご活用ください
 児童養護施設の子どもたちと職員の姿を伝えるため、日々の暮らしが垣間見えるような施設の日常を「7つの物語」にまとめました。
 子どもとおとなが共に紡ぐ養育の理解の一助として、児童養護施設の職員や関係者はもちろん、広く一般の方々にも読んでいただきたい1冊です。

◆体  裁  A5版 233ページ 
◆頒布価格  1,080円(税込/送料別)

※お申込み確認後に請求書を送付しますので、銀行または郵便局から代金をお支払いください。
※入金確認後、2週間ほどで発送します。
<もくじ>
発刊にあたって
はじめに
第1章 子どもとおとなが紡ぎあう7つの物語
  (1)施設を拠り所に生きていく
  (2)子どもの声にならない思いをどのようにして受け止めるのか
  (3)境遇に翻弄されながらも懸命に再生をめざした少年との出会い
  (4)みんなに支えられて笑顔になった美奈ちゃん
  (5)見失ったボールを追いかけて
  (6)我が子の出産で繋がった親子の絆
  (7)ハナミズキが咲く日〜拠り所を失った少女の再生〜

本文から「はじめに」(抜粋)
 本書を通して、施設(養育者)が子どもに向けるまなざしや向き合う態度などが読者に伝わり、「養育の本質」を考える機会となることができれば幸いである。
第2章 7つの物語、生きられた時間をとおして語られること
おわりに
■申込書のダウンロード(PDFファイル)
 申込書(子どもとおとなが紡ぎあう7つの物語)
 ※申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、全国児童養護施設協議会事務局
  にFAX送信してください。


戻る